ウーマン

美人になるための方法

女性

特徴と効果

顔を小さく見せたい、と願う女性はたくさんいます。そのために、小顔ローラーや小顔パックなどの美容グッズも売られているほどです。しかし、顔の大きさというのは、そのような器具や、メイクや髪型のカバーだけでは限界があることも事実です。顔が大きく見えてしまう原因の一つが、頬のエラと言われています。頬のエラがあると、それだけで顔が膨張して見え、さらに角ばった四角い顔に見えてしまいます。そしてゴツゴツとした顔の印象になってしまい、メイクも大変になります。エラをなくすためには、美容整形外科へ行く方法が一番です。しかし、エラを削るなどの大規模な手術は怖い、そこまではしたくない、という人がたくさんいることも事実です。そのためにおすすめなのが、ボトックス注入という手術方法です。この治療は、美容整形外科クリニックへ行けば、簡単に打ってもらうことが出来ます。そしてボトックスとは、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌から作られた成分です。一昔前までは医療用として活躍してきた成分ですが、近年美容医療の研究が進み、積極的に美容にも活用されるようになってきました。美容に良いとされるのは、ボトックスが筋肉を弛緩させる働きがあるという点です。ボトックスを一定量筋肉に注射すると、そこの筋肉は少し麻痺したようになり、動かす動作が小さくなります。エラが出来てしまう大きな原因は凝り固まった筋肉ですので、ボトックスによって、筋肉の緊張が解けます。そして一定時間経つと、その効果が現れて小顔になっていくのです。筋肉を弛緩させる、と聞くと恐怖心がわく人もいるかもしれませんが、ものを噛めないほどに筋肉が使えなくなるわけではありません。日常生活を送るには全く支障のない程度で弛緩しますので、長期療養する必要などもありません。このように、ボトックス注入はとても手軽に行える美容方法として人気を博してきています。また、エラの解消だけでなく、表情筋の弛緩によるしわの減少などの効果も期待することが出来ます。しわも、筋肉が凝り固まってしまうことによって発生するものです。原理はエラと同じですので、ボトックスによって消すことが可能なのです。しわに悩んでいる場合も、ぜひ試してみましょう。また、ボトックスは一度注射をすれば、効果は永久的に続くというものではありません。注射の効果がきれる前に、定期的にクリニックへ通い、続けて注射を打つ必要があります。しかし、頻度は半年に一回程度のことがほとんどなので、時間的、金銭的負担も多くありません。忘れないようにしっかり通い、美容を維持させましょう。そして、ボトックス注入の治療において重要なのは、注射する位置と、その量です。筋肉の付き方や位置は、人によって大きく異なります。量が少なすぎると効果が出ませんし、多すぎると副作用をもたらしてしまう可能性があります。そのため、きちんと信頼出来る医師にお願いするということが重要です。クリニック選びは慎重に行いましょう。このような様々なメリットのあるボトックスの特徴を活かして、小顔でしわのない美しい顔を手に入れましょう。