• 医師や看護師など、その職種で働くには取得することが必須となる資格などが存在しています。介護業界にもさまざまな資格が存在しており、中でも「介護福祉士」は国家資格となっており、その資格を持っていると就職などにも非常に有利となります。
    資格の有無によって待遇などは変わってきますが、基本的には何の資格も持っていない初心者でも介護業界に携わることは可能です。

    ■実務者研修
    実務者研修とは、利用者に質の高いサービスを提供できるよう、実際の現場で必要となる知識や技術などを習得することができる研修です。働く上で必要となる知識、また認知症などの症状についても勉強することができるため、スキルアップを図る人にとっても非常にオススメの研修であると言えます。
    もともとは実務者研修などというものは存在しておらず、「ホームヘルパー1級・2級」というものが存在していました。しかし、平成25年に介護の資格制度が変わったことにより、ホームヘルパー2級が廃止され、それと同時に「実務者研修」という資格が新しく作られることになったのです。

    ■介護職員初任者研修
    介護職員初任者研修とは、簡単に言うとホームヘルパー2級のことです。そのため、ホームヘルパー2級をすでに取得しているという人は、自動的にこの「介護職員初任者研修」の修了者とみなされることになるのです。
    この介護職員初任者研修とは、初めて介護業界で働くという人が一番初めに取得すると言われている資格で、この研修を受講すると介護の基本的な知識などを学ぶことができるため、介護業界への就職を考えている人にとっても非常にオススメできる資格です。

    イチ押しリンク

serach

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031